車検が定期的に必要になる理由ってなに?初心者でもわかるように詳しく解説

このサイトでは車検が定期的に必要となる理由を詳しく解説すると共に、その期限の確認方法・手数料は2000円以下で済むことも紹介しています。
自動車を乗っている方がまとまった費用がかかるので頭の痛いものですが、これを知っておけばその重要性を意識することができます。
自動車は毎日、走行をするのである意味、消耗品になるのは言うまでもなく、日々劣化しているといっても過言ではないです。
安心して走行をするためには、必要不可欠な検査であり、一定の安全を確保することができます。

車検が定期的に必要になる理由ってなに?初心者でもわかるように詳しく解説

車検は自家用での利用の場合は、普通・小型や軽自動車の場合、新車だと3年の有効期限があり、それ以降は2年に一度となっています。
定期的にそれを必要とする理由は、公道を安全に走行をする上での一定の整備基準を満たすことができるからです。
公道を走行中にいきなり故障をしたりすれば、往来の危険が生じ、それによって大惨事に繋がる恐れもあります。
また部品などでも消耗品もあるので、車検のタイミングで交換することで故障を防ぐことが可能です。
初心者の中には必要ないとする意見もありますが、詳しくは車検に通ることで一定の安全基準を満たしていると判断できます。

車検は公道で走るための最低限の安全点検

車検は保安基準の適合を確認して公道での走行を認める制度ですから、最低限必要な安全点検といえるのではないでしょうか。
つまり車検を通っていればとりあえずは問題なく安全に公道を走れますし、万が一交通事故に遭遇しても、整備不良などの理由で責任が追及される恐れはなくなります。
ただ車検はやはり最低限の安全点検をクリアしただけなので、万全を期すなら定期的に車両の状態をチェックしたり、メンテナンスをして状態の維持に努めるのが望ましいです。
保険も自賠責のみでは補償に限界がありますから、任意保険にも加入して手厚い補償が受けられるようにしておきたいところです。
車検はクリアしていれば絶対に事故が起こらないというものではなく、クリアしていても問題が発生することはあり得ます。
それは保安基準以外の確認や点検は重視されないこと、目視の点検には限界があって、項目に該当しない部分は見落としが発生する可能性があるのが理由です。
何事も過信は禁物ですし、安全を守れるのは結局のところ自分の判断と対応次第ですから、その点を理解して愛車を安全に乗る心掛けが大事ではないでしょうか。

車検の正式名称は自動車検査登録制度

自動車やトラックを所有していれば必ず発生する義務の1つに車検がありますが、この正式名称は自動車検査登録制度といいます。
日本国内においてミニカーや小型特殊自動車を除いた車両および、250cc以上の自動二輪車を所有している方が該当します。
検査を受けることで道路運送車両の保安基準に適していることの確認と、所有者・使用者を公的に認可するための2つの目的を有する制度です。
道路での運行の許可は道路運送車両法第4条にて、また所有権に関しては同じ法律内の第5条にてそれぞれ定められています。
なお軽自動車と自動二輪など小型車両については、第59条によって条件が定められそれらをクリアしなければいけません。
検査を受けられる場所はカーディーラーもしくは車検専門店、ガソリンスタンドや整備工場といった箇所で実施されています。
基準を満たしていれば国土交通省から発行される、公文書の1つである自動車検査証によって証明されます。

車検と法定点検は同じようで違う?

車検と法定点検の違いがよく分からないという人は多いのではないでしょうか。
面倒な自動車の検査は全部ディーラーに丸投げという人が多いですから、知らなくても無理はありません。
車検に出した時に法定24ヶ月点検というものも同時に行われているので、両者を同じものだと思い込んでいる人も多いです。
しかし両者は別ものの検査になります。
簡単に言えば、車検はその時点において車両が法律などに定める安全基準や公害防止基準に適合しているかを検査するものです。
次の検査まで安全にその自動車に乗れるかどうかを担保するものではありません。
一方の法定24ヶ月点検の方は、自動車の走行性能の維持やトラブル防止を図るための検査になり、この点検のおかげでドライバーは次の点検まで安心して自動車に乗れるようになります。
どちらの検査も大事なものであり欠かすことはできません。
ちなみに、法定点検には24ヶ月点検の他に12ヶ月点検もありますが、受けなくても罰則はないため、受けない人が多いです。

車種によって車検不要になるものもある

普段使用している自動車自体は、安全に使用するために国が定めた義務として車検の実施が必要となります。
一般車両であれば新車で購入して最初は3年後に実施する必要があり、以降は2年に1度は実施が義務となっています。
普段の買い物や通勤などで利用していれば良いですが、あまり頻繁に利用しないとなると車検費用が負担だと感じるケースも多いです。
実際に公道を走行する上で一般的な車両であれば必要な義務ですが、車種によっては車検自体が不要な種類もあるのを把握しておくのもポイントといえます。
不要なタイプはミニカー登録されている電気自動車となる種類であり、車検だけでなく税金の支払いなども一切不要なタイプです。
ただし公道自体は問題なく走行する事ができ、電気自体は一般家庭で充電する事が出来ます。
電気で走行するタイプなので、ガソリン車とは異なり排ガスの排出もなく自然に優しいのも特徴です。
車両のデザインや利用頻度などを考慮して、選ばれる事が増えていている種類の1つでもあります。

車検に関する情報サイト
なぜ車検は定期的に必要?

このサイトでは車検が定期的に必要となる理由を詳しく解説すると共に、その期限の確認方法・手数料は2000円以下で済むことも紹介しています。自動車を乗っている方がまとまった費用がかかるので頭の痛いものですが、これを知っておけばその重要性を意識することができます。 自動車は毎日、走行をするのである意味、消耗品になるのは言うまでもなく、日々劣化しているといっても過言ではないです。安心して走行をするためには、必要不可欠な検査であり、一定の安全を確保することができます。

Search